パンテオン

ホテル パルク・サン・セヴランがこの有名な建造物の見学後に現れるパリの高貴な場所の一つであるドームの素晴らしい風景をご紹介します。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 43 54 32 17 Coût des appels locaux
le panthéon

聖ジュヌヴィエーヴの丘に位置した建築家スフロの傑作品は埋葬された偉人の墓と他に類を見ない美術作品を収容しています。

サント=ジュヌヴィエーヴ教会からパンテオンまで

ホテル パルク・サン・セヴランから至近のサント=ジュヌヴィエーヴ教会は18世紀にパリの守護聖人の聖遺物を収容する為に建立されました。建築家ジャック・ジェルマン・スフロはパリ5区のリュクサンブール公園の正面に新古典様式の建物を建設し、フランス革命の際には建物は国民の英雄を祀るパンテオンとなりました。1870年に最終的に祖国フランスの偉人のパンテオン(万神殿)となるまでに、宗教上と非宗教の場としての役割を交互に行っていました。最も功績のある軍人たちはアンヴァリッドに埋葬され、サント=ジュヌヴィエーヴのほうにはヴォルテール、ジャン=ジャック・ルソー、ヴィクトル・ユーゴー、サディ・カルノ、エミーユ・ゾラ、ジャン・ジョレス、ジェン・ムーラン、ジャン・モネ、ピエール・キュリー、マリー・キュリー、アンドレ・マルローそしてアレクサンドル・デュマが埋葬されています。パンテオンのペディメントに書かれた献堂碑銘「感謝せる祖国が偉人達へ捧ぐ」は偉人達を称えるものです。

パンテオンの美術

パンテオンは1811年にグロによって作成された「サント=ジュヌヴィエーヴのアポテオシス」を描いた丸天井の大フレスコ画芸術家ジェラールによって制作された、祖国、死、栄光、正義を象徴する4つのペンディンティブなどの装飾を有しています。19世紀にはその時代の偉大な芸術家がパンテオンの装飾を手掛け、聖人または君主の肖像を讃えました。20世紀初頭にはブシャールやランドウスキーなどの芸術家が無名の英雄に敬意を評しました。パンテオン内部には地球の自転を証明した名高いフーコーの振り子の複製がまもなく公開されます。そして見学を終了するにあたってパンテオンのドームへの通路ではパリの素晴らしいパノラマ風景を見ることができます。

スタッフのイチオシ

ブイヨン・ラシーヌ
「1906年に創業した、パリのブラッスリーの原型であるこのブイヨンでは、伝統的なフランス料理と見事なアール・ヌーボー様式の装飾をお楽しみいただけます。」
3 rue Racine – 75006 Paris
Tél : +33 (0)1 44 32 15 60
ウェブサイトを御覧ください
ル・クープ・シュー
「この歴史に彩られたルイ13世時代の館では、趣向を凝らしたフランス料理をお楽しみいただけます。ジャズとクラシック音楽の流れる、ロマンティックでゆったりとした雰囲気です。」
9 rue de Lanneau – 75005 PARIS
Tél: +33 (0)1 46 33 68 69
ウェブサイトを御覧ください