パリ・ノートルダム大聖堂

ホテル パルク・サン・セヴランがパリの歴史的中心地、シテ島にあるゴシック芸術の象徴ともいえる見事な大聖堂をご紹介します。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 43 54 32 17 Coût des appels locaux
notre dame de paris proche hôtel parc saint séverin

ヴィクトル・ユーゴーの小説で有名なノートルダム大聖堂建築美とここで繰り広げられた重要な出来事によってパリの重要なシンボルとなっています。
 

カテドラルの歴史

13世紀にパリ司教シュリーのてこ入れで建設された大聖堂は多数のステンドグラス、彫刻、絵画に聖母像を再現した聖母マリアを奉る場所にする為、工事に2世紀以上もの時間を費やしました。直径13メートルに及ぶ2つのバラ窓と幾つものガーゴイルや尖塔、そして忘れてはならない巨大な鐘などを有したノートルダム大聖堂はその当時、それまでになかった壮大な大聖堂の一つでした。19世紀の中頃には「建造物を修復することは状態を維持するのでもなく、修繕するものでもない。もしくは作り直すのでもないのだ。それは今までに存在しなかった完全なる状態に改善することなのである」という建築家ヴィオレ・ル・デュック指揮のもと論争を巻き起こした重要な修復工事が行われました。威厳あるノートルダムの尖塔や中世の雰囲気に浸る為に作られた多くのしかめ面の小彫刻なども彼の作品です。またこのスぺクタクルの目玉は大聖堂の2つの塔の一つからのパリを一望するパノラマ風景だということは今も変わりありません。

 

重要な歴史的建造物

フランスの歴史の中心的存在であり、パリで最も来訪の多い建造物の一つである大聖堂はホテル パルク・サン・セヴランから至近です。歴史家ミシュレが「ノートルダムそのものが一冊の歴史書である」と述べている通り政治的、宗教的な重要な出来事はここで繰り広げられました。1804年にナポレオン1世が聖なる皇帝に即位したのもこの大聖堂であり、サン・ルイ王やサディ・カルノー、ミッテラン元大統領の葬儀もここで執り行われました。さらにアンリ4世がカトリックに改宗したのもここであり、1944年のパリ解放はテ・デウムの聖歌で勝利を記念しました。同時にノートルダム大聖堂はカジモドとエスメラルダの恋愛事を通してこの建造物の壮大さを引き立たせたヴィクトル・ユーゴーの小説の舞台であることでも有名です。

スタッフのイチオシ

ル・レミネ
「このこじんまりしたビストロは、現代風にアレンジされた伝統料理と、親密感のあるこじんまりしたテーブルやバロック様式のシャンデリア、大きな鏡のある魅力的なインテリアが特徴です。」
3 rue des Grands Degrés – 75005 PARIS
Tél: +33 (0)1 44 07 04 24
ウェブサイトを御覧ください
シェイクスピア&カンパニー
「この風変わりで神話的な書店は、真に文学に捧げられた空間です。英語を読める方なら、幅広い豊富な品揃えの本と詩集に囲まれた店内の散策をきっと楽しまれることでしょう。」
37 rue de la Bûcherie – 75005 PARIS
Tél:+33 (0)1 43 25 40 93‎
ウェブサイトを御覧ください